2013年に新しいハリアーが発売されましたが、この車はまさにトヨタらしい車といってもいいものです。
ハリアーには先代から別の車種としてハイブリッドモデルが存在していたのですが、今回からはこのハイブリッドモデルを中心としたラインナップになりました。

しかしこのハリアー、見た目的には全く新しい車に見えますが、中身はトヨタのお得意中のお得意である使いまわしによって構成されているのです。
まずプラットフォームですが、名称としては新MCプラットフォームといっていろいろなトヨタ車に使われているものを今回採用したということになっているのですが、ハリアーのものはほとんどの部分がSAIと同じ、ホイールベースこそ若干ハリアーの方が短くなっていますがこれはサスペンションアームの付け根位置が若干違うだけのもので、そのサスペンションもフロントにストラット、リヤにダブルウィッシュボーンを採用しているというのも全く同じなのです。

次にエンジンとハイブリッドシステム、エンジンは2AR-FXEとカムリと全く同じもので、ハイブリッドシステムも基本的にはカムリのものを使っています。
フロンドの電気モーターも2JMというカムリと同じものが使われており、リヤモーターは2FMでアルファードやヴェルファイアなどと同じものを使っているのです。

結論から言ってしまえば、SAIのプラットフォームにカムリのエンジンとハイブリッドシステム、フロントモーターを付け、リヤにはアルファードのモーターを付けたものに新しいボディを付けただけの車ということが言えるのです。
車を買うときはついつい性能や見た目だけで決めてしまいがちですが、諸元表などをちゃんと見てどういう作られて片をしているのかをちゃんと調べる必要があるのです。
特にトヨタ車は使いまわしが激しいですからどこの車からつかいまわされているかをしることによって耐久性や性能などを想定することができます。

ハリアー 値引き