自動車大国といわれるアメリカですが、よく自由の国ともいわれるくらいいろいろなことが自由でうらやましい限りです。
例えば自動車、アメリカには日本の様な車検がなく、一度車を手にしたら、変な話どんな改造をしてもかまわない、しかし、何か合ったら自分で全部責任取ってくださいねというのがアメリカの考え方。
対して日本は、車検制度や厳しい保安基準によって、あれもしちゃダメこれもしちゃダメがんじがらめにして、何かあったら自動車メーカーや整備士が悪いんだという考え方です。
車の造りにもそれらの考え方が出ており、日本車は細かなパーツまで耐久性を考えて作って、そう簡単には壊れないようにしていますが、どこでも誰でも、ある程度の知識がある方であれば車をいじることができるアメリカでは、耐久性より修理にしやすさを重要視しており、パーツをつけたり外したりという工程がやりやすいようになっているのです。
ほんとう両方のメリットを兼ね備えた昔の日本車の様な車がいいのですが、なかなかそのような車は今のご時勢、見つけることができません。
耐久性のある日本車と整備性の良いアメリカ車、どちらを買ったほうが自動車ライフを楽しめるのでしょうか。